月明かり

ひとつふたつ数えてみる

明日は来なくてもいい

窓から差し込んだ

月明かりが夜へと誘う

もうおやすみだよと

ゆるやかな風がふく

暗がりの道をひたすらに進みたい気分なんだ

あっちこっちに振り撒いた愛想笑いわはは

ため息混じりの公園で缶コーヒーひと休み

走り出した僕たちは後戻りはできなくて

ただ流れに身をまかせて

傷だらけになっても心だけは投げ出さないでと

月明かりが僕らを照らす

走り出した僕たちは後戻りはできなくて

ただ流れに身をまかせて

傷だらけになっても心だけは投げ出さないでと

月明かりが僕らにほほえむ

走り出した僕たちは後戻りはできなくても

未来はつくれるから

傷だらけになっても心だけは信じていけると

月明かりが僕らを照らす

Top