さめざめ

真っ白けな思い出たち

笑うように泣いた悲しみたちを

摘みましてこねまわして

私へと取り込んでいくのさ

 

「お元気ですか?」

「相変わらずですね」

他愛のない会話の中で

チクリと刺さる

「あなたは今日も悩みがなさそうでいいですね」

 

さんざん才をひけらかして

だんだん人を妬み出した

カンタンなことも受け入れられなくなっていく

さんざん愛を否定しても

さめざめ心は泣いていました

あいまいな言葉は傷つけるだけさ

 

黒い髪をなびかせる少女

暗闇に溶けて消えた

白い髪が混じる淑女

ひとりぽつんと立ち尽くした

 

さんざん才をひけらかして

だんだん人を妬み出した

カンタンなことも受け入れられなくなっていく

さんざん愛を否定しても

さめざめ心は泣いていました

あいまいな言葉は傷つけるだけさ

 

さんざん才をひけらかして

だんだん人を妬み出した

カンタンなことも受け入れられなくなっていく

さんざん愛を否定しても

さめざめ心は泣いていました

あいまいな言葉は傷つけるだけさ

Top