【下書きブログ供養】自分は何者かと思うとき

生きてます、心です。

下書きブログ供養の第二弾です。

ちょうど今の気持ちに近いので、書き足していきたいと思います。

前回の供養はこちら↓からどうぞ。

下書きブログを供養する

 

「自分が何者かと思うとき」

最終編集日:2019年1月13日

 

あけましておめでとうございます。

本年もよろしくお願いいたします。

 

新年一発目はみやびちゃんの誕生祭にお邪魔します。

***

ここで終わってた。

早い。

新年のあいさつとかライブの告知をしたかったんであろう下書き。

もうちょっと頑張ってほしいところです。

***

下書きから約10ケ月。

いま思うことは私は「心さん」ということである。

歌っているときも

歌うことをやめようとしたときも

本気でYouTuberになろうとしたときも

飲み物がコーラからハイボールに変わっても

私が「心さん」でなければ、今までの経験はなかったかもしれない。

 

基本やりたがりなので、できることはやりたい。

その分、飽きるのも早い。

そして、忘れた頃に再熱する。

 

正直、常に迷子だ。

 

真剣に迷子だ。

 

たとえば誰かの憧れの「心さん」になっていれば。

もっと理想の人生を歩めていたかもしれない。

 

でもそれは本当に私が望んだ未来なのか。

 

自分が何者かと思うときは自信がないときだ。

私は「心さん」なんだから「心さん」らしくいればいいじゃないか。

 

なぁ、10ヶ月前の自分よ。

今も楽しくやってるよ。

 

あでぃおす。

 

Top